初期『サザエさん』トーク&読書会

〜停電と断水があり、エアコンやコンビニがない生活をシミュレーションしよう!〜

3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」は、津波による痛ましい被害に加えて、原発事故と計画停電という予期せぬ影響をもたらしています。
とくに計画停電については、この夏に加え、次の冬までも続く可能性があるとのこと(朝日新聞3月23日付)。
先々のことを考えると暗澹とした気分になってしまいます。

でも、ここに一冊の本があります。
停電と断水があり、物資はわずかなものが配給。エアコンやコンビニなどはもちろんない。「3・11以前」の私たちから見れば、不自由この上ない生活のようですが、そこには「希望」と「笑い」が灯されているのです。

その本とは…『サザエさん』!
戦争が終わったばかりの昭和20年代前半、混乱と不安の時代に、世の中を明るくしてくれたマンガです。

この本って、もしかして、今後の道標に使えるんじゃないの?
——というわけで、『サザエさん』(とくに初期の頃)をテーマにしたトーク&読書会を開催します。

会場には昭和20年代の『サザエさん』の単行本を用意しました。
それらを回し読みしながら、停電と断水があり、エアコンやコンビニがない生活を楽しく(?)シミュレーションしてみませんか?

当日は、博物月報主宰の盛田真史さん(twitter @hakubutu)が、初期『サザエさん』が連載された昭和20年代前半の生活事情と、この時期の『サザエさん』を読む上での着眼点をトークします。

家事をするのにも、主な電源は薪と炭とささやかな電気。日常用品にプラスティックはほとんどなし。買い物も、スーパーのレジ袋など下げておらず、豆腐なんかは手に持って歩いているところにも注目したいです。

もちろん、それがすぐ現代に応用できるわけでもないけれど、モノ不足の時代をどう生き抜いてきたのかということは参考になりますし、昭和20年代の生活を検証して、いいところはふたたび取り入れていくという姿勢もありなのではないかなと思います。

それに、「『サザエさん』の時代」を知っておけば、これからの社会への不安も少しは和らごうというもの。

そんなわけで、みんなで「3・11以後」の新しい社会のヒントを探してみましょう。

イベントの概要

日時:2011年4月3日(日) 16:00〜18:00
参加費:1,000円(懐かしい“昭和”の茶菓付き)
*参加費のうち、500円を震災への義援金として寄付させていただきます
会場:東神田「つむぐ」 【地図】
問い合わせ先:renraku@tumug.jp (担当・大久保まで)


廊下トーーーーーーク100撰

~日本初の廊下イベント、「つむぐ」で開催!~

西日が長く影をひく小学校の廊下、 見事な襖絵を従えたお城の廊下、 足元からしんしんと冷え込みが伝わってくる冬の廊下、 ひだまりで猫が寝ているおばあちゃんちの廊下……。
みんな一度は印象的な廊下の光景に出会っているはず。 そんな廊下の魅力を語り尽くす、 日本初の廊下イベントが「つむぐ」で開催決定です!

【第1部】
基調講演 – 日本人にとって廊下とは何か? 盛田真史博物月報主宰)

そもそも廊下ってなに?廊下と縁側はどうちがうの?といった話から、日本人と廊下、その活用とふれあいの歴史をひもときます。

【第2部】
廊下フォトギャラリー
お気に入りの廊下の写真を見せ合いながら、みんなで フリートーク。参加者の方も「いいな!」と思う廊下の写真が
あったらぜひご持参ください。 (CD、DVD、USBメモリ、SDカードによるデータ可)
廊下の描写が素敵な小説や、廊下が印象的だった写真集などでもOK! (この場合、小説や写真集を持参していただければ、話が弾みます)

【第3部】なんでも廊下ランキング!
「日本一長い廊下」「日本一タフな廊下」「日本一笑いをとる廊下」 、「日本一、人が死ぬ廊下」「日本一怖い廊下」などなど、 知らなかった廊下話を出オチ満載でお届けします。

イベントの概要

日時:2011年3月5日(土) 16:00~18:00
参加費:1,000円(茶菓付き)
会場:東神田「つむぐ」 【地図】
問い合わせ先:renraku@tumug.jp (担当・大久保まで)


自分塩作り

自分塩作り

各種お料理に欠かせない「塩」

料理が好きなご家庭では何種類もあったり、お料理をあまりされないご家庭でも、
ちょっとした味のアクセントでご用意されていることと思います。

そんな料理の基本中の基本な調味料のお塩ですが、色々な種類を揃えておきたくても、
価格が高かったり量が多すぎて使い切れず無駄にしてしまったりと難しい問題もあります。

そんな「お塩」をご自宅にある食材で簡単にバリエーションを増やす「自分塩作り」を行いたいと思います。

当日は塩マイスターの呼び声が高い「和酒彩菜 遊月亭」の店主、たけるさん(twitter:@yuugetsu_tei)をお招して
オリジナル塩の作り方を教えていただきます。

「1人1塩」。自分だけの”とっておき”を作りましょう!

イベントの概要

日時:2011年1月30日(日) 15:00開始17:00終了(途中入退場不可)
会場:東神田「つむぐ」 【地図】
料金:お一人様1,000円(学生以下は半額)
問い合わせ先:renraku@tumug.jp (担当・大久保まで)
備考:
・元となるお塩はご用意いたしますのでお持ちいただかなくて大丈夫です。
・作りたいお塩の原料となる食材をお持ちください。(例:みかん塩の場合、みかんをまるごと1つ)
 ※砂糖の入っているものは不可
・17:00より懇親会(打ち上げ?)を予定しています。作ったお塩を早速使って食べてみる会です。
 ご参加の方はお料理の都合上、あらかじめご連絡ください。
 (参加費:2,000円、学生以下、お酒の飲まない方は半額)