2011年5月の予定

まだまだ少し寒い日があったりと、はっきりしない陽気が続きますね。
つむぐは久々の月間予定で、今月のイベントをハッキリさせておきたいと思います!

 

江戸前すし握り

笹鮨
神田「笹鮨」の若旦那りゅうじさん(twitter @kanda_sasazushi)による寿司修行体験

日時:5月8日(日) 16:00~17:30
参加費:2,000円

 

手前すし握り

遊月亭
東神田「和酒彩菜 遊月亭」の店主たけるさん(twitter @yuugetu_tei)による自分だけの手前勝手な握り寿司作り

日時:5月15日(日) 16:00~17:30
参加費:2,000円

 

廊下ト-----ク100撰(補習)

廊下トーク
3月5日(土)に行いました博物月報主宰の盛田真史さん(twitter @hakubutu)による「廊下ト-----ク100撰
いわば、廊下(リ)トーク

日時:5月28日(土) 16:00~18:00
参加費:1,000円(茶菓付き)

 

参加のご連絡、問い合わせは以下までお願いします。

会場:東神田「つむぐ」 【地図】
問い合わせ先:renraku@tumug.jp (担当・大久保まで)

※学生は半額、未就学児童・幼児は無料です。


【レポート】鮪1本

前日までの寒さも少しだけ和らいで、気持ちよく晴れた冬の朝。
前日までは海が荒れていて、鮪が取れない可能性もあったのですが、そんな危険な中でも漁師さん達が頑張ってくださったおかげで、高知の立派なクロマグロがオフィスに届きました。

一部個人的なトラブルがあり、準備万端には疑問符が残る感じでしたが、遊びに来て下さった皆さんのおかげで無事に始める事が出来ました。

そんなバタバタなスタートの「鮪1本」イベント。
小さなハプニングもいくつかありましたが、皆で協力することでそんなことも含めて愉しむことができました!

以下にイベントの様子をアップしておきます!

まずは鮪を捌いてくれるメイドさん達がお着替えして準備。
鮪を捌くメイドさん達のお着換え&準備

続いて鮪のお披露目!クロマグロというよりはライトの加減で鯖のよう。
続いて鮪のお披露目。クロマグロというよりはライトの加減で鯖のよう。

マグロを捌くメイド姿のアイドル:マグドル誕生の瞬間!
マグロを捌くメイド姿のアイドル:マグドル誕生の瞬間

半身をお刺身にしました!
半身をお刺身に!

「長ネギの小口切りにして赤味噌、白味噌を繋ぎに味を調えた鮪なめろう」…写真を撮れず。
どなたか持っていらっしゃいましたら頂けると嬉しいです。

男らしい包丁捌き!
男に帰った伊藤壮さんの男らしい包丁捌き!

内臓や兜、中骨で出汁を摂った鮪のカブト煮
内臓や兜、中骨で出汁を摂った鮪のカブト煮

荒骨や内臓から採った出汁で作る大量のお雑炊!もペロリ。
荒骨や内臓から採った出汁で作る大量のお雑炊!もペロリ。

当初の目的通り「鮪1本」を総勢14名(内2名幼児)で出汁を摂った背骨とエラ以外はキレイにいただきました。

漁師さん!マグロさん!メイドさん!みなさん!本当に、本当に、ありがとうございました!
また是非やりましょう!次は「深海魚」で!?
手に入らないかもしれないので「その時に取れちゃった珍しい何か」になる可能性もありますが…。
その時に出会える魚さんをお楽しみに!


鮪1本

鮪一本

今年1月5日の早朝5時過ぎ、築地市場では仲卸業者などおよそ300人が、
今年1年の商売繁盛を祈る手締めを行った後、初競りに望みました。

このうちマグロは、全国の港に水揚げされた近海ものや海外から空輸されたものなど、
あわせて500本近くが並び、北海道・戸井産の342キロの大物が、記録の残る99年以降
最高値の2,020万円を大幅に上回る3,249万円(1キロ当たり9万5,000円)で競り落とされました。

年始早々、景気の良い華やかな話題ですね。

つむぐでも、それにあやかり生のマグロを1本購入して、遊びに来てくださった
皆さんといただきたいと思います。

新年の賑やかさに相応しい新鮮な赤みを是非ご一緒に堪能しましょう!

イベントの概要

日時:2011年1月16日(日) 14:00開始18:00終了(途中入退場自由)
会場:東神田「つむぐ」 【地図】
料金:お一人様3,000円(学生以下、お酒を飲まない方は半額)
※マグロ以外にもお食事、ソフトドリンク、お酒などご用意しております。
問い合わせ先:renraku@tumug.jp (担当・大久保まで)
備考:
・魚を捌くのを見るのが苦手な方は16:00頃にいらっしゃるのがお勧めです。