しらす探検 ~しらすに混じったカニの幼生やタコなどをひたすら探そう~

しらす探検

※定員となりましたので、申し込みを締め切らせていただきます。
たくさんのお問い合わせ、ありがとうございました!

「しらすの中にタコとかが混じっているのを見つけると、ちょっとトクした気分になるんだよね」

――そんな話を、今まで何人もの人から耳にしました。かくいう私(盛田)もそんな気分になるひとりです。

もしかして、しらすの混じり物は人を幸せな気分にしてくれるのかもしれません。ならば、その幸せな気分を徹底的に分かち合おう――というわけで、しらす(ちりめんじゃこ)に混じったカニの幼生やタコなどをひたすら探すというイベントをやります。

今回は、和歌山県の水産加工業者が自由研究用などに小売販売している、無選別のちりめんじゃこを入手しました。しらす(ちりめんじゃこ)とは、主にイワシの稚魚で、商品にするためにしらすとは関係ないものを取り除くのですが、これはそれ以前の、いわば海から揚がってきたばかりのピュアなしらす達です。

いったいどんな連中が混ざっているのか、皆でしらす探検を楽しみましょう。「深海魚もしらすだった!」「しらすになるイワシ、ベスト3」など、しらすに関するミニトークも予定しています。

■イベントの概要
日時:2013年3月17日(日) 15:00~16:30
参加費:500円(お茶と試食のちりめん&佃煮付き)
会場:「つむぐ」【地図】
持参するもの:ピンセット、ルーペ ※なくても楽しめますが、あればご持参下さい
定員:10名
参加申し込み方法:renraku@tumug.jp (担当・大久保までメールでご連絡下さい)
イベント進行:盛田真史(博物月報 http://www.hakubutu.jp 主宰/twitter @hakubutu http://twitter.com/hakubutu